FC2ブログ

BOZZ LAB EL





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







[No.72]

工藤宏平展+古道具展
2013年1月24日(木)~27日(日)

DSCF0126.jpg

DSCF0127.jpg

DSCF0118.jpg

DSCF0113.jpg

DSCF0115.jpg

DSCF0117.jpg

DSCF0122.jpg

DSCF0125.jpg

DSCF0120.jpg

DSCF0124.jpg

DSCF0123.jpg

DSCF0112.jpg

スポンサーサイト







[No.63]p21

古道具とアートのある場所 4
2010年12月1日(水)~5日(日)

更新が遅れてしまい、記憶が定かではないのですが、
なんか、静かに始まり静かに終わったという感じでしょうか。

SN3N00710001.jpg

SN3N00700001.jpg

SN3N00480001.jpg

SN3N00640001.jpg

SN3N00680001.jpg

SN3N00690001.jpg

SN3N00660001.jpg

SN3N00510001.jpg

SN3N00630001.jpg

SN3N00490001.jpg

SN3N00500001.jpg

SN3N00520001.jpg

SN3N00530001.jpg

SN3N00540001.jpg

SN3N00570001.jpg

SN3N00580001.jpg

SN3N00470001.jpg







[No.60]p22

MAREBITO 主催イベントレポート1/3

古道具とアートのある場所 3
2010年10月9日(土)~11日(月)

参加アーティスト
BOZZ LAB EL 工藤宏平
HARRYS 土屋 琴 http://harrys.petit.cc/
菊池 恵
黒い羊 http://nyabs.exblog.jp/
土澤 浩介 http://kousuke129.blog17.fc2.com/

SN3N00030001marezentai.jpg

MAREBITO 主催イベント「古道具とアートのある場所 3」。三日間に渡り開催され、
大盛況の内に無事終了いたしました。

SN3N00010001maretanahiru2.jpg

会場には、所狭しと古道具やアート作品が並び、

SN3N00160001marezentai.jpg

まるで、玩具箱のような展示会でした。

SN3N00020001maretanahiru.jpg

MAREBITO主の絶妙なセンスで配置されたコレクションの数々。

SN3N00370001_mareyokotana_20101011233902.jpg

まぁ、棚が曲がってたりもするし、

SN3N00200001marehako.jpg

案外、適当に置いてるだけのような気が、しないでもないが、

DSCF0002_mare_20101014002243.jpg

いやいやどうして、なかなかのもんです。

SN3N00400001_marebox_20101011234210.jpg

なんか木箱や、

SN3N00060001mare.jpg

用途のわからないモノが沢山あるが、使い方は自由!お客様次第で生まれ変わります。

SN3N00050001mare.jpg

知り合いが買って行った、壊れたスタンプセット。なんか、目がキラキラしてました。

DSCF0018_cow_20101014002918.jpg

たまに、これはドーヨというモノも置いてますが・・・・・・・

SN3N00350001_bas_20101011233806.jpg

ちょっと懐かしいバスやら・・・・・・・

SN3N00380001_dogend_20101011233952.jpg

ブックスタンドならぬ、ドッグスタンド。

SN3N00300001penging.jpg

知ってた?  知らん!!

SN3N00410001_mareisu_20101011234304.jpg

所々に椅子が点在し、お客さんが自由に座って談笑してました。

SN3N00390001_mareisu2_20101011234116.jpg

ちなみに、この椅子は BOZZ LAB EL でお買い上げです。








古道具とアートのある場所 3
2010年10月9日(土)~11日(月)

今回のイベントでも、多数のアーティストが参加いたしました。

BOZZ LAB EL
SN3N00320001winston.jpg

自分がアーティストと呼ばれる人種かどうかは別にして、
とりあえず、BOZZ LAB EL 工藤宏平の作品です。

SN3N00130001winston.jpg

あいかわらずの、WINSTONシリーズですが。

SN3N00220001winstonkage.jpg

ふつうのギャラリーとかだと、だいたい窓を封鎖しているのですが、MAREBITOには大きな窓があり、
昼と夜とでは、作品の見え方が大きく異なります。それが、この空間の魅力のひとつだと思いますが。

SN3N00140001charrybozztana.jpg

今回は、新作もファイルにて展示させていただきました。
いろいろなご意見を聞かせていただき、本当に実りのある三日間でした。

また、この度は作品をお買い上げいただき誠に有り難うございました。
直接、お客様にお会いできなかったのが心残りですが、作品を部屋の片隅にでも飾っていただき、
たまにでも眺めていただければ、いや、ちら見してくれるだけで幸せです。







HARRYS
SN3N00170001harrystitle.jpg

HARRYS 土屋 琴さんの作品です。

SN3N00330001_moon_20101011233552.jpg

今回の展示作品は、葉脈や月など自然物からインスピレーションを得て創られた硝子のアクセサリー達。

DSCF0003_harrys_20101014002328.jpg

細い硝子の棒を組み合わせ加工していくそうですが、そのきめ細かい繊細な仕事は、
まさに硝子職人の匠の技といえるでしょう。

SN3N00290001harrysp.jpg

壊れてしまいそうで恐る恐る触っていたのですが、作家本人は、結構ラフに扱ってました。

SN3N00100001harrys.jpg

「頑丈だから大丈夫!」なんだそうです。

SN3N00090001robaharrys.jpg

今回は一カ所にまとめるのではなく、会場の至る所に配置され、

SN3N00070001harrys.jpg

MAREBITO所蔵の古道具や、黒い羊の所蔵品と共に展示されており、

SN3N00270001harrys.jpg

見事に会場に溶け込んでいました。まるで昔から其処にあったかのように。

SN3N00210001harrys.jpg

時の流れによって風化してしまった古道具たち。

SN3N00190001harrys.jpg

そして、自然のインスピレーションによって新たに創られた作品たち。

SN3N00180001harrys.jpg

過去と現在の見事なコラボレーションです。

HARRYSのホームページはこちらです。
http://harrys.petit.cc/












古道具とアートのある場所 3
2010年10月9日(土)~11日(月)

菊池 恵
DSCF0011_kikuchi_20101014002603.jpg

菊池 恵さんの作品です。

SN3N00240001kikuchi.jpg

個性的なステッチが施された革製のブックカバーや、バッグの数々。

SN3N00250001kikuchi.jpg

撮影が近すぎて、よくわからなくなってしまったが、こちらが全長2m近い特大バッグ。
天井から吊り下げての展示となりました。

SN3N00080001kikuchi.jpg

そして圧巻は、この鮫革のバッグ!
鮫の一枚革(表現が稚拙ですが鮫の開き?)を、あまり切り刻んだりせずに、形状を無駄なく最大限に生かした完璧な仕上がりです。







黒い羊
SN3N00040001tsusumi.jpg

黒い羊さんの所蔵品です。
こちらは昔の球技用の球だそうですが、木製の球体に鉄の釘のようなものを打ち込んでつくられており、
その外装は、まるで鈍色に輝く蛇革のようです。

SN3N00120001tsusumi.jpg

そして、古い食器の数々。

SN3N00260001tsusumi.jpg

会場には、黒い羊さんがコーディネィトした花が飾られ、彩りを添えていました。

SN3N00280001tsusumi.jpg

今回はご自身が描いたアート作品も展示されておりました。
やはり、良いものを見極める力のある人は、創り出す作品も素晴らしいのですね。

黒い羊のホームページはこちらです。
http://nyabs.exblog.jp/






土澤浩介
DSCF0001_kousuke_20101014002155.jpg

今度は、新作をよろしくお願いいたします! ていうか、自分もな!

土澤浩介のブログはこちら
http://kousuke129.blog17.fc2.com/






古村 太
SN3N00150001.jpg

左上がMAREBITO主、古村太の作品です。その名も「チャーリー」。
売れましたねぇ~。おめでとうございます。






以上にて、レポートは、終了いたします。
さすがに、後半になると書くことがどんどん適当になってきますねぇ。
といいますか、だいたい言葉はあまり得意ではないし、人の作品にコメントするなんて!
自分にとって作品は、クルかコナいか、感じるか感じないか、それだけなんで、説明は一切不要!


ご来場の皆様、本当に有り難うございました。
そして、関係者の皆様、三日間本当にお疲れ様でした。

2010.10 BOZZ LAB EL 工藤宏平










Copyright(C) BOZZ LAB EL All rights reserved.

管理室 /

FC2Ad

/ / Temp by ZacTV.net

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。